「今こそ声をあげよう!学ぼう!女性と人権」学習会を開催

 5月15日土曜日「今こそ声をあげよう!学ぼう!女性と人権」学習会を開催しました。

 コロナ感染拡大が猛威を振るう中、5月15日教育会館にて、標記学習会を東京平和運動センター主催、i女性会議共催で開催しました。コロナウイルスの感染が高止まりしている中でしたが、万全の感染対策を実施して行いました。

 講師は居場所のない少女の相談・駆け込みに取り組む「若草プロジェクト」代表理事を務める大谷恭子弁護士です。会場には主催者の予想を超える参加者がありました。大谷弁護士は、女性にかかわる「刑法」の問題、性の搾取や性被害の問題などを、わかりやすく解説してくださいました。

 コロナ禍の中でDVや虐待が増えています。今年の憲法記念日では24条に注目する新聞記事が目立ちました。「家庭生活における個人の尊厳や両性の平等」を定めた憲法24条の理念が脅かされていることに対する警鐘でしょう。どちらも女性の問題として声を上げていくことの必要性を感じた学習会となりました。

次の記事

第66回19日行動